お知恵拝借:ジュンちゃん・その2

こんにちは、管理人です。

暑い日が続きます、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルスも感染拡大傾向にあり、コギさんもお家で過ごされる時間が長くなってしまいがちかと管理人は気を揉んでいます。

そんなわけで、ジュンちゃん、2回目のご出演。
今回はジュンちゃんとその飼い主さまの室内においての移動に関するご提案を紹介させていただきます。

DMの病態進行が下肢の先端から始まることは、他の記事にて解説させていただきました。
我が家のロンさんも同様、他のフォロー頂いているコギさんも漏れなく下半身の異常から病変に気づき、発症を認識して対処を考える、という道筋を辿っておられます。

下記ツイートのように症状が進んでしまうと四肢での歩行ができなくなってしまいます。

https://twitter.com/hanatojune/status/1272683950092062720?s=21

車いすを装着する頃にはすでに下肢は立つことが難しくなり下半身を引きずりながら室内を動けてしまうため、衛生面や身体への負荷などで問題があるだろう点はこのサイトでも何度か言及させていただいています。
とはいえ、運動大好きのコギさんにとって動けないことの方がかえってツラいだろうというのは長年コギさんを見ていらっしゃる方であればお察しのことでしょう。
念のため申し上げたいのは、このお姿のコギさんでもカワイイ

ジュンちゃんの飼い主さまはそれを改善すべくクッションとキャスター付き台座を組み合わせ

https://twitter.com/hanatojune/status/1259260069914357760?s=21

https://twitter.com/hanatojune/status/1259266014232993794?s=21

下半身を床で擦らないよう、保護した室内用車いすを考案されています。
前回のご登場でも引用させて頂きましたが、これがスゴイ

ロンさんも長い間フローリングで過ごしていたので、下肢が弱ってもある程度の移動は可能でした。
ただ、ロンさんの主治医さんによると犬さん全般においてフローリングの床自体があまり適切でなく、いうなれば常に氷の上を歩いているような状態でありケガにつながったり、四肢や腰回りを弱らせる遠因になるとのことでした。
我が家の対策としてはコルクマットを敷き詰めるという手を使いました。詳細はロンさん、DMステージ1 その2をご覧くださいませ。

https://twitter.com/hanatojune/status/1262914451218432000?s=20

やっぱり、自分で歩けてナンボなのだと感じるジュンちゃんのようです。

https://twitter.com/hanatojune/status/1288316726665338880?s=21

飼い主さまが「ゴーゴー」(管理人はこの呼び名大好き)と呼ばれている室内用車いすの素材と作成過程をご紹介されておりますので引用させていただきます。

正直これ以上簡易でかつ安価、効率性に優れた設計はハンドメイドでは上回れないのではないかと感じますね。
付随して解説ですがジュンちゃんは常に室内でゴーゴーを装着しているのではなく、あくまでジュンちゃんの体調や要求、飼い主さまの判断で着脱されています。
目安としては10分ほど、長い時でも30分程度とのことです。
成犬の保護犬として受け入れ、付き合いの浅いコギさんが発症してしまった場合などは早めに意思疎通の試行錯誤をお勧めします。
お互いが分かり合えるからこそ成しえる絶妙な日常生活なのではないでしょうか。
下肢安定向けのキャスター付きアイテムも市販されていますが、微妙なサイズ感の違いが調整しづらい等それなりに装着が難しい場合もあるようです。

何にせよ一番大切なのは「当のコギさんが快適なのかどうか」を見守り続けることだと管理人は思います。

https://twitter.com/hanatojune/status/1288314599180099585?s=21

コギさんに限らず動物には少なからず自我があり、他の自我に対して訴えたい瞬間は必ず存在します。
当サイトでジュンちゃんの飼い主さまのツイートを引用させていただいているのも、日常生活において困難を解消する選択肢を広げるということが主眼であり、これらの内容の使用を強制するものではありません。
静かな環境を好むコギさんだって存在しますし「これなら万事OK」というものは見つかりにくいものです。

生物学上分類は同じといえども世界に唯一無二の存在だからこそ難しく、それでも家族として人間と同じように分かり合いたいとお互いが想い続けることが一言で言うところの「愛情」なのだろう、とこの記事を書きながら僕は気がつきました。

そしてこの記事も校閲頂いた飼い主さまのご厚意に感謝致します。

https://twitter.com/hanatojune/status/1287193482449231872?s=20

ジュンちゃん、明日も健やかに!

【重要事項】
この記事はアカウント保有者であるジュンちゃんの飼い主さまのご厚意によって配信できております。当該アカウントへの無用な接触等、ご本人へご迷惑をおかけしないよう強くお願い申し上げます。
(2023/01/14追記)2022/12/2、ジュンちゃんはコーギーご家族さんが待つ虹の麓へと旅立たれました。ご冥福をお祈り申し上げます。なお、当該記事は飼い主様のご厚意により掲載を継続させて頂ける了承を得ております。

コーギーさんと健やかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください